エイトレントグループ エイトエージェンシー 戦略的商品価格で購買スキームをプロデュース!

HOME > 取扱商品一覧 > 新型避雷針PDCE > 新型避雷針PDCE 導入事例

  新型避雷針PDCE 導入事例

納入事例

  納入事例1

神奈川県相模原市の遊園地「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト(富士急グループ)」に、アジア&日本初上陸の巨大クライミングアトラクション「マッスルモンスター」がオープン。標高約370mの山頂エリアに、高さ16mのアスレチックに屋上展望台があり、スリル満点で、他では体験できないような92種類のアスレチックがある一方、最大120名が同時に楽しめる施設において、直撃雷の対策として新型避雷針PDCEを1基納入させていただきました。

ページ上部へ
  納入事例2

大阪府大阪市の舞洲地区内のグランピング施設「パームガーデン舞洲 by WBF」に全長257メートルで、ハイスピードスライドと上下左右に駆け抜けるスリル満点の新感覚アトラクションのローラージップがオープン。突然の雷雲発生時の対応として、新型避雷針PDCEを1基納入させていただきました。

ページ上部へ
  納入事例3

栃木県の鉱山工場にて、元々設置されていた避雷針を取外し、そのコンクリート柱およびアース(接地)を利用して、新型避雷針PDCEに入替える形で、納入していただきました。

落雷対策をご検討されて今回のように、元々設置されている避雷針を取外し、新型避雷針PDCEに入替えされるお客様も増えております。

ページ上部へ
  納入事例4

海上では船やボートは突起となり、雷の標的となりやすくなります。避雷針のついている船体は、避雷針に落ちた雷電流を海中に流すことで雷から船体を護っています。

しかし、電装品(レーダーや無線機等)の破損が起こることもあり、雷を落とさない新型避雷針PDCEを設置しました。

海上では振動が激しいため、耐振動性能を向上したPDCE-Marineを納入させていただきました。

ページ上部へ
  納入事例5

2016年7月1日にオープンした、兵庫県三木市の大型複合リゾート施設「NESTA RESORT KOBE(ネスタリゾート神戸)」のレクリエーション施設の屋上に旧施設に設置されていた従来型の避雷針8基を取外し、PDCE-Magnumを2基設置いたしました。

ページ上部へ
  納入事例6

六甲山中腹にある法人保養所施設において、新型避雷針PDCEを設置しました。

保養所全体を保護するような高い建物が無かったため、高さ10mのコンクリートポールを設置し、周りの景観を損なわないようにポールを塗装いたしました。

この地域は岩盤で掘削作業が大変でしたが、無事納品させていただきました。

ページ上部へ
  納入事例7

標高1,100m山頂付近に設置されている防災無線用中継施設において、突針型の避雷針を取り外して、新型避雷針PDCEを設置しました。

ページ上部へ
  納入事例8

水道施設に雷被害があり、一時浄水場の機能が停止したことをきっかけに、「落雷対策」でお調べになり、ご担当者様よりお問合せいただきました。

水道施設は高さ6mほどの建物で、現状は避雷設備がありませんでした。そのため、施設内にコンクリートポールを建柱し、施設全体を落雷を抑制するご提案をさせていただき、新型避雷針PDCEを設置しました。

ページ上部へ
  納入事例9

戸建て住宅の屋根に新型避雷針PDCEを設置しました。

屋根の上への設置となったため、重量対策と、風圧対策ができるような取付方法をお客様と御打合せさせていただき、取付を行いました。

ページ上部へ
  納入事例10

滋賀県日野町の滋賀農業公園「ブルーメの丘」に子供から大人まで楽しめる巨大クライミングアトラクション「アルプスジム(AlpsGym)」がオープン。小さいお子様でも楽しく安全に遊べるように設計してあり、突然の雷雲発生時の対応として、新型避雷針PDCEを1基納入させていただきました。

ページ上部へ

新型避雷針PDCE 商品概要ページに戻る

避雷針PDCE 設置事例/御提案例

ページ上部へ

納入事例(レンタルでの納入事例)

主な実績
レンタル期間 会場 イベント種類 PDCE設置台数
3日間 夢の島公園(東京都) 屋外コンサート 1台
3日間 万博記念公園東の広場(大阪府) 屋外コンサート 3台
3日間 舞洲野外特設会場(大阪府) 屋外コンサート 5台
3日間 泉大津フェニックス(大阪府) 屋外コンサート 2台
3日間 横浜赤レンガパーク(神奈川県) 屋外コンサート 1台
7日間 石巻特設会場(宮城県) 屋外コンサート 2台
7日間 ゴルフトーナメント(富山県) スポーツ大会 1台
7日間 東京ビッグサイト駐車場(東京都) イベント 1台
2ヵ月間 舞洲ゆり園(大阪府) イベント 1台
3ヵ月間 大阪城西の丸庭園(大阪府) イベント 1台

上記以外にも多数実績がございます。

  レンタル納入事例1
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

屋外の音楽フェスティバルで、観覧席への落雷を防ぐため、新型避雷針PDCEを設置しました。高さ16.4mのスピーカー用タワーの最上部に新型避雷針PDCEを取り付けました。アース(接地)工事もJIS(日本工業規格)に基づき行いました。

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例2
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

毎年開催される「ゆり園」で、ご来場されるお客様の休憩スペースに新型避雷針PDCEを設置いたしました。休憩スペースは10m×10mの大型テントを3連棟で設置し、新型避雷針PDCEを真ん中のテントの頂部に取り付けました。1基の新型避雷針PDCEで、休憩スペース全体を落雷から守れるようにいたしました。

納品先:大阪府大阪市

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例3
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

アイドルグループの屋外イベント開催にあたり落雷のリスクを回避するため新型避雷針PDCEの設置依頼をいただきました。 全国から何万人もの方が来場されるイベントで、お客様を落雷から守るため、当社の新型避雷針PDCEを2基設置させていただきました。 開催場所が、比較的落雷が多いとされている地域であったため、担当の方と設置位置等について綿密な打ち合せを行いながら作業を実施いたしました。

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例4
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

イベント会場への落雷を防ぐため、新型避雷針PDCEを設置しました。

3日間のみの設置だった為、高所作業車に新型避雷針PDCEを取り付け、地上から約20メートルの高さになるように設置しました。

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例5
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

横浜で行われた屋外コンサート会場に、落雷対策として新型避雷針PDCEを設置しました。

3日間の屋外コンサート開催期間中に、突然雷雲が発生した際、 1日約1万人の来場者を安全な場所へと誘導ができるような建物が近くにない為、新型避雷針PDCEを地上から約20メートルの高さになるように高所作業車に取り付け、半径100mへのエリアへと誘導する落雷対策として採用されました。

夏場の野外イベントにおいて新型避雷針PDCEを設置した落雷対策をされるイベント主催者が増えております。

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例6

毎年夏に開催される野外音楽フェスティバル『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER』で、来場者を落雷の危険から守る為に新型避雷針PDCEを2ヵ所のステージに1基ずつと、入場ゲート付近に1ヵ所の合わせて3基設置させていただきました。

新型避雷針PDCE レンタル納入事例

来場者数が多いイベントのため、会場周辺地域に雷注意報が発令された場合、大人数を一斉に誘導できる施設がなく、バスでの誘導も時間がかかるため、会場内に常時3ヵ所の一時退避エリアを設置。

ホームページ上、来場時に渡されるパンフレット、会場アナウンスにてご案内。

また明確なエリアを設けることにより、アルバイトスタッフにも徹底しやすく、突然の気象変動の際にもスムーズな誘導ができるというお話をいただいております。

レンタル納入事例上部へ
  レンタル納入事例7
新型避雷針PDCE レンタル納入事例

毎年秋季(9月)に開催される日本の女子プロゴルフメジャー大会の1つである日本女子プロゴルフ選手権の会場に来場されるお客様の雷雲発生時の対策として新型避雷針PDCEをレンタルでご利用いただきました。

ゴルフ場全体は非常に広いためゴルフ場全体に設置するのは難しいため、大人数が集まるギャラリープラザに設置させていただきました。

レンタル納入事例上部へ

新型避雷針PDCEはレンタルもできます。詳しくはこちら

新型避雷針PDCE 商品概要ページに戻る

PDCEレンタルについての御見積にあたって、設置工事・アース工事が必要なため、
一度現地調査をさせていただきます。ご質問なども、お気軽にお問合せください。

《 資料のご請求・ご質問・お問合せ 》

新型避雷針PDCEついての資料ご請求・ご質問・お問い合わせ等は、下記ご連絡先までお気軽にご連絡下さいませ。
担当者にて確認後、ご回答させて頂きます。

本 社

東京都品川区大崎1-6-1
03-6893-1885
03-6893-1881

大阪営業所

大阪市中央区西心斎橋2-2-3
06-7668-8100
06-6211-8815

E-mail:info@eightagency.co.jp

お問合わせはこちらへ
▲このページの先頭へ戻る